いつ英語を始めたらいいの?

英会話 5歳

これらからは、英語でコミュニケーションが取れることが今以上に重要な時代になっていきます。その流れを汲んで教育現場でも2011年に小学校5年生から英語が必須化されたのは記憶に新しいですよね。

 

しかし、英会話というのは必要な時になってから急に身につくものではありません。大人でも英会話が話せなくて苦労している人は沢山います。話せないのは、適切な時期に英語に触れる機会が少なかったからとも言われているんです。

 

英会話を始めるのは早い方がいいと私も思います。ではいつ始めたらいいのかという疑問が出てきますよね。それがちょうど皆さんのお子さん、5歳くらいの年齢なんです。

 

5歳のお子さんを持つ皆さんは、お子さんが小学校に通い始めた後のことをイメージしにくいかもしれません。小学生になると、国語や算数の勉強も始まるので英会話を習得する時間は中々取れなくなってしまいます。

 

その時に焦ってこちらが勉強を強要しようもんなら、本来は楽しいはずの英会話をお子さんが苦痛に思い、英語そのものを嫌いになってしまうかもしれないんです。それってすごく残念ですよね…。(´・ω・`)

 

英会話 5歳

でも、5歳の今なら大丈夫です!親自身にもお子さんにも余裕があって、しっかりと時間をかけることが出来るので英会話の習得にとってオススメの時期なんです。親として今出来ることは、お子さんに英語を学ぶ機会を与えてあげることです。そして楽しいと思ってもらえば、自分からもっと学びたいという気持ちになるはずです。

 

そんな時に、まず思いつくのは英会話教室ではないでしょうか?英会話教室といっても沢山ありますよね。例えば、日本人・外国人から講師を選べるスクールや「0歳からも通える」などと書いてあるポスターを街中で見かけますよね。もしかしたら、皆さんのママ友やお子さんの友達が習い事として通っている英会話教室の話を聞くかもしれません。

 

そうとはいえ、別の習い事をすでにしている場合は、さらに英会話教室に通うとなると金銭的な負担も大きいですよね。(+_+)それに、お子さんも習い事に時間を取られて「もっと友達と自由に遊ぶ時間が欲しいな…」とマイナスな気持ちになってしまうかもしれません。

 

実はそんな思いをして、わざわざ英会話教室に行かなくても大丈夫なんです。英会話は適切な英会話教材を使えば自宅でもしっかりと学べます。しかも料金だって英会話教室に通うよりも断然お得です。(^_-)-☆

 

そこで今回は、色々な種類がある英会話教材の中から5歳の子供に最適な英会話教材
『世界の七田式英語教材7+BILINGUAL』をご紹介します。

 

それから、英会話の習得に関する皆さんの疑問にも答えていきますので、ぜひ最後までご確認ください。(*^-^*)

 

>>世界の七田式英語教材7+BILINGUALの公式ページはコチラ

世界の七田式英語教材7+BILINGUALとは?

世界の七田式英語教材7+BILINGUALは、世界13カ国で展開している幼児英才教育の第一人者である七田 眞(しちだ まこと)さんが考案した「バイリンガル・メソッド」に基づく英会話教材です。

 

七田式の幼児英会話学習法で学んだお子さんはこれまで45年間で約40万人おり、英会話の音声CDをかけておくだけで英語をスラスラと話せるようになったと評判です。そんな七田式のバイリンガル・メソッドの特徴は、大きく分けて3つあります。

 

限られた時間で効率よく学べる

まとまった時間を取れなくても、35日間の短期集中で学べるのが七田式。1日7分から始められるので限られた時間でも効率よく学べます。

 

ネイティブの子供が実際に使うフレーズのみ厳選

日常会話の中でネイティブの子供が実際に話すフレーズの約700種類を厳選しているので、無駄がなくネイティブにも通じる自然な英会話が習得可能です。

 

楽しい冒険ストーリーで飽きずに学べる

ただ英語のフレーズを聞くだけでは、子供の集中力は切れてしまいますが、七田式は冒険ストーリー形式になっているので飽きずに楽しみながら英語脳を育てることが出来ます。

 

このように、短期間で効率よく学べて日常の英会話の中で必要な大量のフレーズを身につけられるので英会話教室や高額な教材に費用をつぎ込まなくても大丈夫なんです。

 

ではどのようなセット内容になっているのでしょうか?教材内容は以下の通りです。

 

【教材内容】
冒険ストーリー形式で進んでいく音声CDと、テキストで効率よく英語の学習が可能です。聴きながらテキストで学ぶので目と耳の両方で英会話のフレーズを身につけられます。

  • CD14枚
  • ボーナスEnglish CD 1枚
  • テキスト4冊

世界の七田式英語教材7+BILINGUAL

 

続いては気になる価格ですが、総額 29,800円(税込)とお手頃価格で手に入りますよ!
しかも全国送料・後払い手数料・代引き手数料無料なのも嬉しいですね。(*^-^*)

 

それから保証もしっかりとあるので、紛失や破損の際にも安心です。

 

  • テキストとCDの交換が無制限
  • 60日間の全額返金保証

 

さらに、英語力を高めることが出来る豪華な特典も満載ですよ!

 

  • 全フレーズかけ流しCD
  • カリスマ英語発音講師 スギーズJr.先生によるセミナー動画
  • 人気英語講師ユッキーナ先生の解説つき『英単語集1211』
  • 25分×5回のSkype無料英会話レッスン

世界の七田式英語教材7+BILINGUAL

 

それに、脳の発達にいいとされている「プロの漫画家が描き下ろしたぬり絵」の特典はお子さんも喜ぶのではないかと思います( *´艸`)

 

さらに嬉しいのは、お子さんだけでなく親の教育のサポートもしてくれるということです。七田式子育て本『できる子をつくる親の35の知恵』では、子育てに必要なメソッドが満載なので読んでおくことをオススメします。

 

それから、24時間・回数無制限の電話サポートは1年間無料で子育て・英会話・学習などのお悩み相談を受け付けてくれます。身近な人に中々相談しづらい悩みをサポートセンターのスタッフさんに話してみるとスッキリするかもしれませんね。

 

このように、英会話の習得に必要な教材にプラスしてお子さんや親御さんにも為になる特典が豪華なのが『世界の七田式英語教材7+BILINGUAL』の特徴です。お子さんが自ら英語に夢中になれる工夫が満載ですよ!

 

>>世界の七田式英語教材7+BILINGUALの公式ページはコチラ

 

続いては、英語の学習の疑問にお答えします。

 

英語学習のスタートは早ければ早い方がいいって本当?

英会話 5歳

ネイティブと話せる英語力をつけるには、早いうちから英語漬けの日々を送っている方が確かに優位です。

 

例えば、両親どちらかが英語のネイティブである場合小さい頃からその音に触れているので英語を普通に話せる子が多いです。そういった環境でなくても、教育上の方針で日常の会話を全て英語で行う家庭や、コミュニケーションを全て英語で行うバイリンガルスクールもあり、そういった環境に身を置いていると、自然と英語が話せるようになります。

 

しかし、0〜4歳くらいまでの間は日本語もしっかりと覚えるべき年齢です。その時期に「英語と日本語がごちゃ混ぜになってしまうのは良くない」という声もあります。そんな中で、5歳という年齢はある程度の日本語の正しい使い方や文法分かっているので英語のスタートにちょうどいい時期とされています。

 

七田式では、6歳以下のお子さんには「バイリンガル・スイッチ」というものが備わっているという考えのもとCDやテキストが作成されているので、5歳前後の時期のお子さんに最適な教材とも言えますね。(^^)v

 

>>世界の七田式英語教材7+BILINGUALの公式ページはコチラ

 

子供の時から英会話を学ぶのはなぜ必要なの?

英会話 5歳 耳

小学校高学年ではすでに科目として必須化している英語ですが、2020年には小学3年生から必須化されるとすでに決まっています。同年には日本でオリンピックの開催もあり、国際的な人材の育成には政府も積極的な姿勢を見せています。そんな時代の中で英語を話せるということは重要なことなんです。

 

しかし、そもそも英語をなぜ子供のうちから身につけなければならないでしょうか?
その理由は「子供の耳の発達」が関係しています。

 

実は10〜12歳になると、私たちの耳というのは母語以外の音を聞き分けることが出来なくなってしまうのだそう。

 

だから子供のうちに、英語を聞いて話す習慣をつけておくことが重要なんです。ちなみに英語と日本語の周波数というのは、全く違うので大きくなってからいきなりその周波数の音が入ってきても「何を言っているのかサッパリわからない…」という状況になってしまいます。だから、早い段階から英語の周波数に慣れておくのが大事だと言われています。

 

>>世界の七田式英語教材7+BILINGUALの公式ページはコチラ

英語を学ぶことで得られる英語力以外のメリットとは?

英会話 5歳 グローバル

英語を学び、英会話でコミュニケーションを取れるようになると世界で活躍するグローバルな人材になることが出来ます。職業選択の可能性が広がり、国内だけでなく、世界を相手にビジネスが出来るというのは武器になります。

 

しかし、英語を学ぶことのメリットはそれだけではありません。英語を学ぶことでお子さんの視野が広がります。

 

というのも、私たちがいつも見聞きしている国内の常識は、世界の常識であるとは限りません。ところが、自分の国のことしか知らないと「それが本当に正しいことなのか」を判断することが出来ないのです。そうなると、感情同士がぶつかり合って客観的で公正な判断が出来なくなってしまいます。そういう個人が増えると、世界情勢も危うくなるのです。

 

英語を学ぶと、言葉を通して相手の国の文化や背景についても同時に学ぶことになります。そういったことを知ることでお子さんの視野や考えが広がり、自分と違う価値観の相手とでもお互いに理解・協力しようという姿勢が生まれてきます。だから、お子さんの心の発育にも英語を勉強するということは意味のあることなんです。

 

まとめ

お子さんに英語を話せるようになって欲しいと思ったら、5歳の今が最適な学習のスタートのタイミングです。小学校に上がってしまうと思うように英語学習に時間が取れないという声も多いので、今のうちに始めておくと英語耳を鍛えられて知能と心の発達にも効果的です。

 

『世界の七田式英語教材7+BILINGUAL』は、ネイティブが日常会話で使うフレーズをそのまま習得出来るだけでなく、お子さんが楽しみながら学べる工夫も満載です。英会話教室に通わなくても自宅で英会話を習得出来るので、ぜひ皆さんのお子さんにも英語の楽しさと奥深さを教えてあげてくださいね!

 

>>世界の七田式英語教材7+BILINGUALの公式ページはコチラ